医療のデーターベースとは

医薬品および医療機器の市販後の安全対策を講じる為に、省庁のデーターベースが存在しています。

産経ニュース

前述した安全対策を強固かつ確実なものとする施策のひとつに情報の収集、収集した情報の分析を行なった上でその評価を下し、対象対策の提供に応用すると言う過程となります。



これらの対策を講じる際には情報の提供も視野に入れて対応されており、医療情報のデーターベースの基盤整備事業の促進に役立てられております。
ちなみにこのデーターベースは1000万人規模の情報収集対象者を固定数として擁しており、治験に対応することで新たなる情報収集にも一躍買っていることになります。

なおこの情報はドイツの医薬品医療機器総合機構として展開しているPMDAにも、情報分析システムを構築する事業として特化されたデーターベースとして存在しております。



なおこの運営を基盤とした際に副作用や感染症の報告を行なう制度や、市販された薬品の市場展開後の動向調査が事前の承認情報も含めて再調査する制度が確立されているのです。
なお医薬品を投与されている全体人数を把握することができない場合に、他の薬品および対象剤で生じる可能性がある副作用との兼ね合いを確認することが必要です。


そして対象薬品における発生頻度を他製品と比較対象することによって、安全性の対策を措置した上で副作用が発生する頻度を確認することが出来ないので対応データーベース上での再確認が必要となるケースがあるのです。